スマホ留学の効果を見極める

コラム

なにかと注目を集めるスマホ留学。その効果にはいろいろ言われていますが、今回は効果の内容を検証したいと思います。
塩原祥之のスマホ留学の無料メルマガ

短い時間で身につく?

英語が話せるようになるには最低でも3年ほどの期間が必要とされています。一般的に2、3年の英会話スクール通いをしなければなりません。しかし、いくら時間が経っても会話すらできないとの話でもちきりです。

努力不足があるかもしれませんし、教え方の問題も指摘されています。原因ははっきりしませんが、成果がないなら英会話スクールに通った意味がありません。

要領良くよく勉強することが英語を話せる近道です。その点でいうと、おうちスマホ留学は、カリキュラムを1日5分、1ヶ月学ぶことで英会話力を身につけることができます。これはまさに画期的なことです。

毎日、5分でも英語を学び続ければ、自然とそれぞれのフレーズが頭に入いるようになります。スマホ留学は、場面、場面のシチュエーションに合わせて学ぶため、ピンポイントで会話力が身につけることができます。

知らず知らずのうちに英語が理解できていた、との利用者の声が届けられています。その最大の理由は、工夫されたカリキュラムに秘密があるようです。従来からある方法を改め、お笑い的な要素を取り入れることで学ぶ力を向上させたのです。

面白おかしく学ぶ!

普通、学ぶということは苦痛を感じるものですね。苦痛を感じれば、理解するどころか、途中で挫折する要因にもなります。

この点はとても大事なところです。いかに継続して学ぶかが、英会話上達のカギを握ります。

スマホ留学では、コント形式で楽しく学べる仕組みを開発しました。これが功を奏し、
苦痛を感じさせずに英語を勉強することに成功しました。

英語の内容をわかりやすく、面白おかしく学べるようになっています。そして中学校レベルの英語力で学べるため、難しさを感じず、英語の要点が覚えやすくなっているようです。

日常会話ならば、その内容は中学レベルでもよく、苦痛を感じることなく学べることができるのです。スマホ留学は、このように中学生でもが面白おかしく学べる教材として仕上げられているのです。

はじめての人でも大丈夫?

スマホ留学のいい点は、世代やレベルを超えて学べるところです。中学生でも気軽に利用できますし、高齢者などの初心者にも利用できる教材になっています。また、ビジネスで使う会社員にも満足いただける教材です。

初心者にはあえて、スマホ留学をお勧めしたいです。といのも、難解な単語やフレーズが使われてなく、英会話を学ぶにはとても最適な教材だからです。

英会話初心者ほど難しい英語を学びたがり、それが頭を混乱させてしまいます。
英語を理解したければ、やさしい英会話からはいるのがコツといえます。

スマホ留学は、このような工夫がなされているからこそ、他の教材とは違う特徴になっています。英会話初心者から経験者までが利用できる教材ですが、むしろ初心者こそ効果を発揮できる教材といってもよいのではないでしょうか。

留学希望者にもお勧め

スマホ留学といえば、一般的な英会話での利用が主な教材とのイメージがあります。たしかに一般的英会話を軸とした教材として評価されていまが、留学用に利用する学生もいます。

特に大学生には人気です。

アメリカのハーバード大学やマサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学、エール大学などの名門大学へ留学を希望する若者が、スマホ留学を利用することもあります。

また、アメリカの大学入試用に利用することも可能です。アメリカ大学入試は、日本の大学入試のような点数を多くとれれば合格できるようなシステムではありません。高校での成績が評価されます。また、面接なども重要な点です。

面接では自らを猛アピールしなければならず、英語ですべての受け答えをしなければなりません。そして明確な意思表示を行い、面接官に思いを伝達する必要があります。
このためスピーキングのコミニュケーションはとても大事で、英語での会話ができなければ、合格することはできないのです。

ネイティブの英会話は絶対条件で、アメリカの大学へ合格するにはスムーズな会話力が必要になります。

スマホ留学で学ぶことは、アメリカの名門大学などに合格する近道になります。英会話スクールで無駄な時間を費やすよりは、スマホ留学のプログラムでコツコツ学ぶ方が得策のように感じます。

塩原祥之のスマホ留学の無料メルマガ

コメント