スマホ留学でするTOEIC対策

コラム

TOEICを受験する人は年々増えています。TOEICの受験対策として、TOEICがにわかに注目を集めています。そこでTOEIC対策におけるスマホ留学の活用法について考えてみたいと思います。
塩原祥之のスマホ留学の無料メルマガ

TOEICとは?

TOEICとは、英語を母国語としない国々において、英語のコミュニケーション能力を図るための世界共通の検定試験です。正式名は、国際コミュニケーション英語能力テストいいます。世界150の国で実施されており、大規模な検定試験になっています。

TOEICとは試験の合否を判定するのではありません。テストのスコアから英語力を図ることを目的にしています。TOEICのスコアは、ビジネスの場面や、大学受験などの参考資料として利用されることがあるくらいです。

TOEICは世界150の国々で実施されている語学テストですが、その受験者数はなんと700万人もいるといいます。日本国内に限っても230万人ほどいるとされています。人気の高さがうかがえますね。

世界的にみても日本のTOEIC受験者はすごく多いことがわかります。それだけTOEICの点数がもつ意味が大きいのでしょう。

TOEICを利用する目的は?

TOEICを受験する年齢は、比較的若い世代が多いようです。20代と30代だけで7割以上を占めています。TOEICを受験する目的は、就職や転職での利用がもっとも多くなっています。

英語ができないと、就職などで不利になる場面が出てくるのかもしれません。ただ、すべての人が英語を必要としているのではないと思います。

しかし、今後、大企業を中心に英語能力を問う会社は確実に増えてくるでしょう。現時点でも社内公用語を英語にしている日本企業もあるくらいですから、TOEICの良し悪しで就職や会社からの評価が決まることもあるのではないでしょうか。

スマホ留学でスコアアップ

TOEICのスコアが良ければ、さまざま場面で有利に働きます。そのためにTOEICで高得点を取るために勉強する必要が出てきます。しかし、意外かもしれませんが、TOEIC受験者のほとんどは、英会話スクールなどには通っていないといいます。公式参考書などで勉強をしている人がほとんどです。

ただ、高得点者に限れば、英会話スクールなどに通う率は高くなります。800点以上の受験者では、英会話スクールなど、何がしからの活用は必要条件になっているようです。

そこで考えたいのは、どの媒体を利用するかということです。そこでオススメしたいのが、スマホ留学。通常の英会話の上達にスマホ留学を利用する人はたくさんいますが、TOEIC対策にその活路を見出す人たちも増えてきているといいます。

現実に、スマホ留学の利用者でTOEICのスコアアップに成功した人たちがたくさんいます。一見すると、スマホ留学と、TOEICは無関係なような感じを受けます。

根本的な部分では異なるところもあります。しかしながら、スマホ留学のコンテンツの中にはTOEIC対策に有効なものが含まれています。まさにスマホ留学には、TOEIC対策の秘策が隠れているのです。

もともとスマホ留学は、いろいろな場面で使える英会話を学べるアイテムです。けれども、TOEICなどの語学テストにも対応できる柔軟性も持ち合わせています。この点がスマホ留学のすごさです。スマホ留学でTOEIC対策は十分可能と考えてよさそうですね。

いろいろな教材との相乗効果に期待

スマホ留学のレッスンで学べる英語が、TOEIC対策に効果的なことは間違いないと思います。TOEICというのは、テクニックしだいでスコアがかなり変わるともいわれています。

英語の基礎知識は必要ですが、これだけでは限界があるのも事実でしょう。基礎知識にテクニックや技法というプラスαが加わることで、TOEICのスコアは大幅に上がるものです。

スマホ留学においてスコアアップの秘訣を教わり、TOEICのスコアアップを現実のものにしたいものですが、いろいろな教材の使用も躊躇するべきではないと考えます。TOEICの教材は世の中にたくさん出回っています。それらの教材を利用してもスコアが伸びないとの話はよく聞きます。市場にある教材だけを使用しても、効果は人それぞれなのです。

TOEICの解き方のノウハウをわきまえないで試験に臨んでも点数は伸びないものです。これを克服するために、スマホ留学を利用していただきたいです。
そして市販の教材を併用することが、TOEIC対策にも有効と考えます。なぜなら、市販の教材にも良い点があり、スマホ留学と組み合わせることで、効果が2倍、3倍になると思います。

スマホ留学を基盤におき、そして市販の教材をも取り入れ、TOEIC対策を行いたいものです。

塩原祥之のスマホ留学の無料メルマガ

コメント